煮込みハンバーグの価値観が変わるほど美味しいレシピ  洋食の基本 ハンバーグレシピ

煮込みハンバーグの価値観が変わるほど美味しいレシピ  洋食の基本 ハンバーグレシピ

煮込みハンバーグの作り方美味しいレシピを紹介します。
ポイントはヴィネガーの使い方です。
フランス料理の技法を取り入れつつも
家庭で簡単に作れるようにレシピを作りました。

材料
合挽きミンチ 500g
玉ねぎ 半個
牛乳 220ml
クローブとローリエ 各1個(あればで構わないです)
塩 1g
パン粉 30g
ミンチ用塩 6g (ミンチと玉ねぎの塩の合計はミンチの重さの1.2%くらいがいいと思います)
溶き卵 1個

カットトマト缶 2分の1
水 140ml
塩 今回は2g(1gで様子を見て残りを足してください)
にんにく 5個 
パセリ 仕上げようであれば
赤ワインヴィネガー 50ml(酸味が苦手な場合30〜40ml)
※一番下に普段使っている調味料のリンクを参考に貼っておきます

ポイント
玉ねぎを牛乳で煮ることによりコクがあるけど心地の良い甘みが出ます。
大体20分〜30分弱火で煮ます。
炊き終えたらパン粉を足して、しっかり冷やします。
※ハンバーグの具材は出来るだけ冷たくしておいてください。温くなると焼いている最中に
肉汁が外に流れ、ハンバーグの美味しさが損なわれます。

ミンチを手早く練って、一つに取り上げれるくらいにまとまれば
溶き卵、玉ねぎの順に入れて混ぜ込みます。
1工程ずつ、しっかり混ぜ合わせるのが基本です。

肉だねを140gくらいで空気を抜き、丸く成形します。

にんにくの香りを出したオイルで
強めの火加減でハンバーグを焼きます。
ここでしっかり焼き色をつけることで
ソースに旨味とコクをつけることができます。
※中まで火を通す必要はないです。

ハンバーグを取り出し、フライパンが焦げている場合は一度ゆすいで洗っておきます。
肉、取り置いた油少量、にんにくを戻し中火にかけます。
赤ワインビネガー50mlを入れて酸味を飛ばします。
※ここでワインビネガーを入れることによりトマトの酸味を補い、
ソースにガツっとした旨味がプラスされます。

トマト缶半分と水140ml、塩2g(結構しっかり目の塩分量になります)を入れ、
蓋をして12分ほど蒸し煮にします。
途中ソースをハンバーグにかけます。

付け合わせはバターライス、キノコのソテーなどお好みで添えてください。
それだけでも十分おかずになります。

下に普段使っている調味料のリンクを参考に貼っておきます
少しお値段がするものもありますが
選ぶ際の参考になれば嬉しいです。
調味料
鎌田醤油 うどんつゆ
https://amzn.to/2Rz3Dyp
福来純 伝統製法熟成本みりん
https://amzn.to/2y81ZgD
ズッキ ひまわり油
https://amzn.to/2yQ4AvM
村山造酢 千鳥酢 900ml (2本セット)
https://amzn.to/2RAKmwB
伯方の塩 焼塩 1kg
https://amzn.to/2yeY5CI
塩 カマルグ フルール ド セル 125g(仕上げ用)
https://amzn.to/2XtyZKR
ペルシュロン 赤ワインビネガー 500ml
https://amzn.to/2RAiNDC
ガラムマサラ(パウダー)100g TOMIZ/cuoca(富澤商店)
https://amzn.to/2ybHf7H

調理器具
Microplane チーズおろし 正規品
https://amzn.to/2yfJjeA
ル・クルーゼ ホーロー鍋 ロンド 18 cm
https://amzn.to/2VpJa0f
タニタ(Tanita) クッキング温度計
https://amzn.to/3b6HwXP
タイガークラウン ゴムベラ
https://amzn.to/34yCmRY
HARIO(ハリオ) 耐熱ガラスボウル2個セット
https://amzn.to/3b4j5KU
シャープ 過熱水蒸気 オーブンレンジ
https://amzn.to/3ccyysk
※Amazonアソシエイトを利用しております。

#チャンネル登録お願いします#煮込みハンバーグ #ハンバーグ

煮込みハンバーグカテゴリの最新記事